世間は広いようで狭かった

日常
DSC_0480
スポンサーリンク

先日の救急車の件で、仕事場の近所の方が買い物に来られるたびに「救急車で運ばれたこと知ってるのかな?」と思いながらも、相手が何も言わなければ私も普通に接客しています。

すぐ近所でも、外に出かけていたり家の中を締め切っていると、どこに救急車が来たかなかなかわからないものですよね。

あれから数日経ったのでもうそろそろ忘れて貰いたいと思っていました。

 

早朝に一度買い物に来られた奥さんが、買い忘れの物を買いに来られた時に

「奥さん、この間便秘で救急車で運ばれたの?」と大きな声で尋ねました。

家も少し離れているし「何で知ってるの?」と言うと

「あの救急車に乗っていたの、うちの孫なのよ。」

 

さっき孫に「ちょっと買い物に行って来る…と言うと、『どこに行くの?』と訊かれたから、あのかどのお店と答えたら、『あそこの奥さん、この前救急車で運んだよ』と教えて貰ったんよ。

 

え~~!?

もう、恥ずかしいなぁ。

理由が理由だけにその奥さんにその後のドタバタをいろいろ話しておきました。

帰ってから別の病院へまた行ったこと、血便が止まらなかったこと。

単なる便秘で救急車を呼んだと思われていると困るので。

 

しかし、いくら家族とはいえ守秘義務ってものは無いのかしら?

知らなくても良い人にまでバレて、どこまで広がっていくかわかりませんが、世間って広いようで狭かったんだなーとつくづく思いました。

この奥さんには「お孫さんにはとても優しくして貰ってとても助かったのよ。お世話になりました。」と伝えておきました。

やれやれ。

スポンサーリンク

さて、今日は仕事から帰ってすぐカットに行きました。

2月は孫の保育園のお迎えがあってなかなか自由な時間が無かったので、夫も私も3月に入ったので慌てて散髪です。

前回美容院へ行った時、「髪を少し伸ばしたい」と言って、かなり鬱陶しいと思いながらも頑張るつもりでいました。

が、春先は風も強く雨もよく降ります。

もう挫けてしまいました。

「この前、伸ばすって言ってたけど?」と美容師さんが覚えていてくれたのですが、「もう我慢できない!スッキリするよう切ってください」とかなり切りました。

「頭が軽くなったでしょ。やっぱり短い方がよく似合いますよ。」ですって。

う~~ん、本当はセミロングくらいの髪の毛をかき上げる仕草がしたかったんだけど。

やはり自分の頭の形、髪の毛の量、クセを考えるとこの先もずっとショートかな。

シャンプーも楽だしドライヤーも早いので良しにするかぁ。