仕事着にしたら?と言われたけど…

日常
スポンサーリンク

今朝仕事をしていると、馴染みのお客様が「今、コレ貰ってきたんだけど仕事着にどう?」と、はんてんのようなジャケットのような物を見せてくれました。

よーく見ると、サイズが4Lや5Lばかりです。

なんでも知り合いの人から「売れ残りがたくさんあって処分するから、いくつでも持って帰っていいよ。」と言われたので、5枚貰ってきたとのこと。

でもいくらなんでも私はMサイズなんですよ。

「えー?大きすぎるよ~!」と言ったのですが、ボタンを外して「着てみて!」と言います。

ちょっと羽織ってみると、手首のところが絞ってあるから邪魔にならないし、4Lだからおしりがすっぽり隠れて暖かいから仕事をするのに丁度良いよ~とグイグイ勧めてきます。

「そうよね。。」と言いながら心の中では「店先で着る勇気は絶対無いよな…」と必死に抵抗していました。

スポンサーリンク

その服を貰ってきた人は私より何歳か歳上です。

家に居る姑さんに着させようと貰って来たんだと言っていました。

??

おいおい、私は姑さんと同年代かい?

確か、自分は着るとは言ってませんでした。

 

私も要らないなら要らないとはっきり答えれば良いのに、肝心な時には言えないんですよね~

かろうじて言えた言葉は「あ~、そうだ!私の母親に着させても良いよねー。」

「まぁそれでもいいけど、これから寒くなるからここで着るのに丁度いいよ。」と随分勧められてしまいました。

どうしよう。

貰った手前「着てくれてないな。」とがっかりさせるのも悪いし。

かと言って、駅に近い街中でこんなの着て仕事する勇気は無いし。

 

やっぱり、貰うべきでは無かった…と後悔は続くのです。