枯れ度がひどい私の話と、年金おじさんの悩みの話。

日常
スポンサーリンク

こんにちは!

 

昨日は歯の定期健診に行ってきました。

延び延びになっていたのでスッキリしました。

新型コロナ以降病院系に行ったのは初めてなので、受付でおでこにピッとする体温計も初めて経験しました。

36.5度でした。

いつものように歯の掃除とフッ素塗布をして貰ったのですが、フッ素はトレー法でトレーにフッ化物を入れた物を上あごと下あごにそれぞれ3分ずつくわえなくてはいけません。そして手に握った金属棒から電流を流す方法です。

これが少々しんどいのですが、何より電流を流す金属棒を手で握る時、毎回私は手のひらが乾燥していて電流が流れないのが悩みのタネです。

前回までは濡れティッシュで手のひらを拭けばOKだったのが、昨日はとうとうそれではダメで、金属棒を濡れティッシュで巻いてその上から握りました。

本当に枯れ枯れです。

外は大雨で湿度が高いというのにね。トホホ。

 

しかし、今月が誕生日ということでプレゼントを貰って帰ったので良しとします。

 

ここ数日間年金おじさんの顔を見ないなと思っていたら、昨日雨の中やって来ました。

暗ーい顔をして「今朝嫌なことがあったんだ。」と。

同じアパートの人が引っ越して行ったんだけど、引っ越しゴミをたくさん道路に置いて行ってしまったから、近所のゴミ置き場へ持って行ったらしいのです。

すると、それを見ていた近所の人に「町内会に入っていないのだから市のゴミ捨て場に出さずにアパートのゴミ置き場に出しなさい。」と、言われたらしいです。

年金おじさんにしてみれば、自分のゴミでもないし、道路に何日も置きっぱなしになっているので、ちょうど市のゴミ収集車が来る頃なので出しただけだということです。

自分からしてみれば、良いことをしたつもりでいたんだと思います。

しかしアパートの人達のゴミの収集は別の業者なので、近所の人の言い分もわからなくはないですよね。

なので「アパートの管理会社に電話して片付けて貰えば良かったのに。」と言うと、「何度電話しても片付けてくれない」らしいです。

スポンサーリンク

なんだか、他人の為に色んなことをしてみては他の人に勘違いされ、ちょっと可哀そうではあります。

図太いようで、意外に気にしいで、とても落ち込んでいました。

ひとり暮らしで聞いて貰う人もいないので、私達に聞いて欲しくてやって来たということです。

一応話だけでは悪いと思い、なけなしの小銭を持ってきて買い物もしてくれました。

ひとり暮らしは近所にお喋りできる人がいないと鬱になるぞと、友達に言われたそうです。

この年金おじさんはこうやって誰とでもお喋りができるので大丈夫そうですが、私がもしひとり暮らしをしていたならば、お喋りできる人が近所に居るかなぁ。