今日がダメなら明日があるさ

日常
スポンサーリンク

今日も仕事だったrareshiです、こんにちは!

 

水曜日は全国的に、月に2日程魚市場も青果市場も休みがあり、仕入れできないので我が家も3~4年前まではその日を店休日にしていました。

週の半ばに一日休みがあると、家事もできるし夫や友達とランチに行ったりできて、生活にゆとりがあったのですが、だんだんと時代の流れとでも申しましょうか、数年前から経営状態も怪しくなってきました。

そこで一番に考えたのが、水曜日を休まず営業するということです。

人を雇っているわけではないので、自分達が動けばいいのです。

休むのも働くのも自分達の自由です。

ランチや買い物に行くことと、お給料が減ることを天秤にかけた結果の答えです。

おかげで、無駄遣いが減りました(笑)

 

今までずっと休んでいた水曜日に店を開けていると、ポツポツだったお客様も少しずつではありますが、増えてきました。

もともと当日の仕入れはしていないので、気分的にはラクです。

昨日は売れなかった商品が今日売れると、店を開けた甲斐があったなと実感します。

 

暖冬で今年は野菜の値段が安いので、どこの店でも安売りをしています。

安さを売りにしている我が家には痛いです。どこで買っても安いのですから。

今日がダメなら明日があるさの精神で頑張るのみです。

 

昨日の夕食節約メニュー

みそ汁、カキフライ、スナップエンドウ、レンコンのきんぴら

お向かいの魚屋さんで大きなカキをゲット。少々お値段は高めですが新鮮さとお付き合いで時々購入しています。