店舗の固定電話料金が安くなると言われて…

日常
スポンサーリンク

こんばんは!

 

毎日仕事をしていると、色んな営業マンがやってきます。

今日は、「今、店で使っている電話の基本料金がお安くなります。」と言って、話を始めました。

私はこういうテの営業マンは信じていないので、かなり引いて話を聞いていました。

話の内容は、

この電話は商業用なので基本料金は家庭用より少し高い上に、昔、固定電話から携帯電話に掛けるときに電話番号の前に『0033』をつけて電話すると電話料金が安くなるというサービスに申し込んでいるので、その料金を払い続けていると。

なので、NTTからソフトバンクに替えると通話料も固定電話なら3分15円が8円に、携帯は1分42円から16円に安くなるというのです。

夫は電話料金が安くなるなら…とすぐその気になりましたが、私はどうもなかなか信用することができませんでした。

私の疑うような眼差しを敏感にキャッチした営業マンは、「おかしいと思ったことは何でも聞いてください。」と言うけれど、「聞きたいことがわからないからね~」と答えました。

スポンサーリンク

この営業マンの仕事はきっと、NTTからソフトバンクやKDDIに変更させることを代行することなんですね。

その件数で手数料を貰っているのでしょう。

工事もしなくて良いし、今のまま何ら変わることなく電話が使え、電話料金も下がるならば…ということで、夫は変更することにしたようです。

私はどうもこういう甘い話には裏がありそうで、なかなか信用することができません。

 

しかし、最後に契約の確認の電話があるのですが、65歳を過ぎた人は認知症の恐れがあるので、65歳以下の人も同席で話を聞かなければならないというきまりがあるそうです。

うちの夫は67歳なので認知症にひっかかります。(笑)

私が61歳ということでOKが出ました。

 

あ~あ、もうそういう歳になったんですね。。