さつま芋?水?お通じに効いたのは?

からだ
スポンサーリンク

子どもの頃からずっと便秘だったのですが、「時期がくれば出るんだからいいや」と放っておいて今に至ります。

しかし、先日の大騒動以来心を入れ替えまして、ひどくならないように…とカレンダーに記録を残しています。

早めに酸化マグネシウムを飲んだりして、初めのうちは毎日お通じがあるように癖づけしようとしていたのですが、薬漬けも嫌なので色々試しています。

スポンサーリンク

お客様から「さつまいもを食べるのが一番いいわ。」と聞いたので、ふかし芋を作って食べることにしました。

今までさつま芋は天ぷらか焼き芋にすることが多かったのですが、弱火でじっくり蒸したふかし芋はとってもやわらかくて美味しかったです。

ついつい夕食前に手が止まらなくなってたくさん食べてしまいました。

しかし、人によってはさつま芋は水分を取られるので便秘には良くないと聞いたこともあります。

なので「水」だなと。

よく若いYouTuberの人は一日2リットルの水をがぶ飲みされています。

私個人の意見ですが、〇〇の水というのはどうもお腹を壊しそうで怖いです。

なので私は湯冷ましを飲むことにしました。

昨日からこれを意識的にたくさん飲むことにしています。

するとトイレが近くなってしまったのですが、お通じの方も快調です。

さつまいもと水の相乗効果でしょうか。

しかも、しかも。

昨晩体重を計ったら前日よりも900グラムも下がっていました。

水のおかげ?

水分をこまめに摂りましょうと病院で言われたのですが、若者が2リットルの水を毎日飲むのはダイエットにも効果があるということなのでしょうか。

よくわかりませんが、水は確かに良さそうです。

代謝が上がり、エネルギーの消費量が増加して、ダイエットに繋がるようですね。

 

気づくのが遅かったのですが、これからしばらくこのからだ、水攻めにしてみます。(笑)