一週間でガラリと変わっていたスーパー

ひとりごと
スポンサーリンク

こんにちは!

 

食費と時間の節約の為に、買い物はできるだけ行かないように頑張っています。

昨日1週間ぶりにスーパーへ行くと驚きました。

話には聞いていましたが、本当にレジとお客さんの間にラップで仕切りがしてあるんですね。

しかもお釣りの時も、今までは手のひらにちゃんと返してくれていたのに、昨日はお皿の上に置かれてちょっと戸惑いました。

出来るだけ直接接触しないようにしてるんですよね。

聞くところによると、手のひらに返金する時は上からお金を落とすらしいです。

わかっちゃいるけど、なんだか寂しいですね。

しかし、お金を触るのはいいんでしょうかね?

消毒してないお金をお互い入れたり出したり、触りますよ。

スポンサーリンク

最近よく言われているのが、人から人への感染ももちろんあるのでしょうが、物を媒体にして感染することが多いということです。

コロナ菌に感染している人が買い物に行って、手に取った商品をまた元に戻すと、その商品を媒体にして感染が広がっていくようですね。

そんなことを考えていたら、買い物から帰ったらすべて消毒しないといけなくなります。

私達のしている防御策って果たして効果があるんでしょうか?

なんだかわからなくなってきました。

 

我が町も案の定クラスターが発生し、感染者が増えています。

やはり都会と同じようになってきました。

でも、気にしていない人もまだまだ多いです。

私の仕事も接客ですが、スーパーのような仕切りはないので感染しないことを祈るだけです。

 

昨日の夕食節約メニュー

牛丼、みそ汁、サラダ、そら豆、たけのこの煮物

最近は翌日の昼食にも使えるメニューが多くなってます。