ケチな自分を笑う。出すと決めたら気持ちよく出す。

ひとりごと
スポンサーリンク

こんにちは!

 

先日息子が車を買い替えることを書きました。

今乗っている車の車検が近づいたのですが、もう古い(10年以上)うえにフロントガラスに石が当たってヒビが入っているらしく、整備代を考えると買い替えの方が良いと考えたようです。

しかし、息子は薄給です。

一家4人の生活がやっとということはわかっています。

今回特別定額給付金を当てにして残りをローンにしようと考えていたようですが、利息を考えると勿体なく思ってしまいます。

ローンが増えると、自然とまた夫婦喧嘩も増えます。

私も子どもが小さい時はかなり苦しい思いをしました。

わかっているだけにお嫁さんにはお金の苦労をこれ以上かけさせたくないと思ってしまいます。

そこでローン分は援助してやることにしたのですが、ここにきてなんだか金額が多くなってきたように思えます。

 

いくら用意できるの?

40万。

特別定額給付金だけじゃないの。

嫁さんの車検代に10万使うから。

本当にお金が無いようで、とうとう私が孫の学資保険で積み立てしているお金まで使うとか言ってきました。

今回政府からの給付金が無かったらどうするつもりだったのでしょうか。

スポンサーリンク

我が家も随分義母に助けて貰いました。

自分がして貰ったように子どもにもしてやりたいとは思っています。

が、息子夫婦はこちらが出すとなると少しでも多く出して貰おうとする感がチラチラ見えてきて、私も??となってきました。

そんな自分がとてもケチに思えてちょっと笑えます。

出すと決めたのだから気持ちよく出す!

自分に言い聞かせる(笑)

 

明日お金が必要だということを今日言ってきても、銀行は休みです。

キャッシュコーナーで一度で下ろせる金額ではありません。

来週の平日にして貰いました。

その時には車の代金と、嫁さんに10万あげようと思っています。

世間では特別定額給付金で何を買おうかとウキウキしている中、右から左への支払いだけではあまりに可哀そうなので。

 

こうやって我が家の老後資金はだんだんと減っていくのです。