ホントは苦手な接客業

日常
スポンサーリンク

ホントは人見知りのrareshiです、こんにちは!

 

私は子供の頃から、人は好きですけど付き合いが苦手で、どのように振舞っていいのかわからないとよく思ってました。

特に中学生になると思春期ということもあったのでしょうか、友達関係で悩んだり自分の性格をあれこれ考えていましたね。

高校生の頃には大勢で行動するのが苦手になり、友達は少数で深くという感じの付き合い方になっていました。

 

自分ではこんな友達関係しか作れなかった一方、同級生でも友達のたくさんいる人は羨ましく感じていました。

そんな人は決まって性格がとても明るいんですよね。

決して美人とか頭がいいとかではなく、いつもニコニコハキハキしていて羨ましかったです。

しかし、自分は自分、真似をしょうと思ってもできる訳ありません。

そんな思いを持ちながら、学校を卒業し就職しました。

 

代わり映えのない毎日を過ごしているようでも、少しは社会勉強もしたんでしょうか。

人見知りなんてことも言ってられなくなり、それなりに表面上は愛想ができるようになりました。

でもね、接客業はやはり苦手だな…と思うこともよくあります。

人によって、面白くて話が尽きない人と、全く話がかみ合わない人がいるんですよね。自分の中で好き嫌いを決めてしまうと言うか…

 

誰とでも大人の会話ができるように。

もっとハキハキ、いつも笑顔で!

 

こんな思いを胸に秘め、明日も店先に立って接客をするのです。

ホントは苦手だという気持ちを隠しながら。

 

昨日の夕食節約メニュー

すまし汁、豚肉の野菜巻き、レンコンのきんぴら、蕪の煮物

 

今日は写真がUPできました。昨日できなかったので、不安でしたが出来て良かった。