どちらに対しても知らないふりをした

日常
スポンサーリンク

我が家の斜め前の魚屋さん。

その魚屋さん経由でうちの店に買い物に来てくださるお客様も多いです。

ずっと長い間毎日のように買い物に来て下さっていた旅館の奥様もその一人で、魚屋さんで魚を捌いて貰っている間に野菜や果物を買いに来てくれていたのですが、最近顔を見なくなったな~と思っていたのです。

でも「コロナで長期出張の人がキャンセルになったりして予定表が真っ白で予定が立たないのよ。」なんてことを仰っていたので、今はゆっくりされているのだろうと思っていました。

 

すると先週のこと、魚屋さんの奥さんが「旅館の奥さんは買い物に来る?」と訊いてきました。

「実はね、ちょっと手違いがあって納めの魚が一切れ足りなかったらしいのよ。翌日旅館にお詫びを言いに行ったんだけど、それからまったく来なくなって。」

この時点では「うちにもしばらく買い物に来られてないから、今コロナで暇なんじゃないかな?」

と答えておきました。

スポンサーリンク

で、一昨日のお魚屋さんが休みの水曜日。

旅館の奥さんがうちに買い物に来られました。

「あら~!お久しぶり~!」と言うと

「もう、忙しくて忙しくて。なかなか買い物に来られなかったのよ。

しかもそこの魚屋さんとトラブって、今こっち方面に買い物には来てないし。」

何か私の様子を伺うような感じではあったのですが、私は知らないふりをして「あら…そうなんだ~」と答えておきました。

 

お客様のおかずが一人分足りないから大慌てで大変だったんだろうと想像はつきますが、長年のお付き合いも一瞬で終わってしまうんだなとちょっと身が引き締まりました。

旅館の奥さんも若奥さんも魚屋さんとはとても懇意にされていました。

そんな理由があるのならうちの店だけに買い物に来るということはもうないでしょう。

もし来るとしても魚屋さんのお休みの水曜日だけ?

う~ん、残念。

 

この水曜日の件を知らない魚屋さんの奥さん。

今日「旅館の奥さんがあの件以来買い物に来なくなったから、一切れ足りなかった魚の返金を持って様子を見に行ってこようかな。」と言っていました。

「もう手を切られてるみたいよ。」なんてことは口が裂けても言えません。

返事に困った私は「あぁ…」としか言えませんでした。

 

この先どうなるかわかりませんが、何かきっかけがあれば元に戻れるかもしれません。

長年のお付き合いがあったのですから仕事もやりやすかった筈ですよね。

両方から話は聞きましたが、私に何が出来る訳もなく知らないふりをすることしかできませんでした。

応援よろしくお願いします♪
日常
スポンサーリンク
rareshiをフォローする
節約ばぁばの小さな暮らし