圧力鍋にまたやられた話

日常
スポンサーリンク

圧力鍋をとても頼りにしているrareshiです、こんにちは!

 

我が家の圧力鍋、年末に黒豆を煮る前まではとても絶好調だったんです。

ちょっとした煮物は全部お任せしていました。

数年前からは黒豆も簡単に煮ることができることを知り、ラクになったなと実感していたのですが…

年末に黒豆を煮た時に大変なことになり

物事はなかなか計算通りにいかないものですね
大晦日の今日、朝からあれして、これしてと計画をたてていましたが、思わぬことで予定が狂います。これって、人生と同じですね。

大晦日にすぐ夫にネットでパッキンの注文をして貰い、元旦早々新しいパッキンが届きました。

で、交換してみたのですが、

どうもあまりフィットしないような…

なんかパッキンの方が少し大きいような…

嫌な予感を感じながらも使ってみると、案の定蓋の横からもシューシューと水蒸気が漏れてきました。

あー、これが口コミに書いてあったことかぁ。

でももう返品もできないので、辛抱して何度か使ってると、うまくできる時もあるんですよね。

 

そんな状態の圧力鍋で、また黒豆を煮たんです。

パッキンの装着を念入りにして、蓋をかっちり閉まるように上から押さえて祈りながら…

でもダメでした。

またまた壁や床、換気扇は黒豆の噴水のような汁で真っ黒。

黒くて甘ーい汁ですから何度も拭き掃除と換気扇の掃除までやらされました。

 

とうとう、また古いパッキンを出してきて付け替えてどうにか成功。(嫌な予感がして捨てていなかった)

ってことは、買い替える必要なかったってこと??

何だったんでしょうかね?

もう訳わからんわーです。

これからもずっとこうやって使っていくのかな?

 

昨日の夕食節約メニュー

焼うどん、黒豆、鍋の残り

黒豆で時間をとられてしまい、またまた簡単メニュー

手抜きばっかり。