香水の匂いに悩む

日常
スポンサーリンク

こんにちは!

 

仕事場には色んな年代の方が買い物に来てくれますが、ちょっとオシャレな人は香水をつけていることが多いですね。

ほんのり香って、上手に香水をつけてるなーと思う人もいますが、ときどきちょっとつけすぎでしょと思う人もいます。

買い物する時だけなので接するのは一瞬ですからまだ我慢もできますが、ずっと同じ部屋にいるのは耐えられません。

私は自分が香水をつけるのも好きではないので、匂いがキツイと気分が悪くなりそうです。

 

こんな私でも若い頃は、香水も持っていました。

昔、好きなアイドルのファンクラブに入ると、そのアイドルのつけているのと同じ香水を買うことができるという企画がありました。

私はお小遣いが足りなかったので、友達が買った香水を嗅がせて貰いました。

「わぁ、なんていい香り!」と感動したこともあったよなぁと今思い出しました。

シャワーコロンなんてものも大流行しましたよね。

しかし、やはり匂いは苦手です。

数年前片付けした時、香水も全部処分してしまいました。

 

ある日のこと、香水をつけている常連のお客様が帰った後、夫が言った一言に笑いました。

「あの人、いつも線香の匂いがする。」

香水とは無縁の夫ですから、匂いから連想したのが線香だったのでしょう。

 

私も甘ーい匂いの香水をつけている人が来るといつも連想するものがあります。

それは「あたり前田のクラッカー」の甘ーいバターの香り。

それから、小学校の時の女性教師のお化粧の匂い。

 

昔嗅いだ匂いはやはり記憶の中に残っているようです。

 

しかし、香水が好きな人ばかりではないので、つけすぎないように気をつけたいものですね。

 

昨日の夕食節約メニュー

みそ汁、鯛の煮つけ、きゅうりの酢の物、茄子の卵とじ、スナップえんどう