実家の母が娘より嫁を頼る現実

日常
スポンサーリンク

親と呼べるのは実家の母一人になったrareshiです、こんにちは!

 

夫の両親は亡くなり、父親は私が結婚する前に病気で亡くなっているので、親は私の母親一人になっています。

今年88歳になる母は、歳相応に物忘れもあり、家事もほとんどできなくなってしまいました。

洗濯物を取り込んだり、犬の世話が日課のようです。

食事や薬の管理、掃除、病院の送り迎えなどキリがありませんが、すべて兄嫁に負担がかかり、時々兄嫁も不満が爆発しそうになるようです。

わかってはいるのですが、私も母親を引き取ることもできず…

いつも「ごめんね。」で我慢して貰ってますが。

兄嫁から電話でグチを聞くたびにどうしたらいいのかわからなくなります。

 

そこで、明日の日曜日は朝母親を迎えに行って、お昼ご飯を一緒に食べて我が家で休み、夕方家に送って行くことにしました。

母には「たまには外へ出て、気分転換しようよ。」と誘っておきました。

実情は兄嫁にゆっくりしてもらう為です。

 

兄嫁はグチは私に言ってくるのですが、本当によくしてくれています。

母は何から何まですべてを頼り切っているので、私は時々寂しく思う時もあります。

嫁より娘が可愛いとか昔の人はよく言っていましたが、現実は娘より嫁の方が頼りになります。

母は何度も入院をしているのですが、洗濯物でも私が持って帰るよと言っても兄嫁に託すし、私に遠慮していました。

そりゃそうですよね、私と過ごしたのは24年間。兄嫁との時間のほうがはるかに長くなりました。

 

兄嫁になんでも頼るのはいいのですが、兄嫁はパンクしそうです。

これからは定期的に我が家へ連れ出して、兄嫁に休んでもらわないと、兄嫁が倒れるかもしれません。

家で介護をするって本当に大変ですね。

 

昨日の夕食節約メニュー

キノコ汁、肉じゃが、菜の花のお浸し、小松菜の炒め物

菜の花が一袋残ったので持ち帰りました。お浸しがとても美味しかったです。