夫婦喧嘩

日常
スポンサーリンク

夫婦が一緒に仕事をしていると、喧嘩もしょっちゅうあります。

いつまでも喧嘩したままだと仕事に支障をきたすので、どちらも我慢してまた普通に戻るのですが、それでも今日は私はしばらくむっつりを続けていました。

喧嘩の発端は、私が野菜を袋詰めしようと思って夫に何グラムにすれば良いのか尋ねたことからです。

夫は500グラムだと言ったのですが、何せ1本が重すぎて調整ができません。

2本入れると500グラムには足りず3本入れると600~700グラムになってしまうので、「どうしようか~?」と相談したのに、夫は虫の居所が悪かったのか急に怒り出し「人の言うことが聞けないのならもうしなくていい!」と言いました。

こんな物言いをすることはよくあることなのですが、その時買い物に来ているお客様が居ました。

お客様の前で夫婦喧嘩はサイテーです。

私はその場は引きました。が、

男性のお客様でしたが、きっと居づらかったと思います。

その場では普通に接客してお客様が帰った後、夫に一言いいました。

「何でお客さんの前で人をけなすような言い方するの?お客さんに嫌な思いをさせるよ。」

 

とても嫌な気分になっている私の気持ちなど一切わかっていない夫は、その後あれこれ話しかけてきましたが、私が返事をしないのでむっつりしていることにやっと気づいたようです。

その後、しばらく無言で仕事を黙々としていました。

しかし、お客様が来られると喧嘩したままという訳にはいきません。

どちらからともなくまた普通に戻って行くワケです。

スポンサーリンク

しかし、時を見計らって私も言っておかなければならないことがあります。

「どうしたの?これ、500グラムじゃなかったの?700グラムも入っているけど?」

すると、「調整が上手くできなかった。」ですって。

「だから言ったじゃない!自分でやってみれば難しいことがわかるわ!」

 

しかし、男性という生き物がそうなのか?夫がそうなのか?わかりませんが、他人の前で奥さんをけなし、自分の言っていることがいかに正しいかをわかって貰おうとしたがります。

特に昔人間には多かったですよね。

でも実際は、言われている人よりも言っている人の方が「嫌なヤツ」と思われるのです。

自分も気を付けなくっちゃと思っているのですが。