たかが1円だけれど塵も積もれば山となる

老化
スポンサーリンク

こんにちは!

 

なんだか最近老化ネタが多いですが、今日もいきまーす。

 

仕事が終わった後、いつも店内と店先を箒で掃いて掃除して帰ります。

するとよく1円玉が落ちているんですよ。

決まって1円です。

1円玉って軽いので、落ちてもあまり気づかないようで、私もお年寄りが財布を開いた時は気にしているのですが、よく落ちていますね。

指先もなかなかうまく使えない上に、落ちた音が聞こえないようです。

10円玉でさえ、私が「落ちましたよ。」と教えてあげても、気づいていないことがありますから。

年齢を重ねると、くるんですよねー、耳にも。

 

そういう私も去年、風邪から耳の調子が悪くなり、耳鼻科へ行くと「突発性難聴」だと言われました。

今も耳鳴りはありますが、もうきっと治らないので、うまく付き合っていかなければならないと思っているのですが。

こんな私の耳なので、なかなか気づいてあげられないこともあります。

スポンサーリンク

しかし、1円も大事ですよ。

「1円でも足りないと、品物が買えない時があるよね。」と夫とよく話をします。

 

夫はときどきお昼ご飯を買いに、コンビニに寄るのですが

「今日もまた1円余分に取られた~」と言っています。

この言葉は冗談で、いつものお決まりのセリフなのですが、コンビニでお弁当とおにぎりをいつも買ってきます。

一つずつ買えば表示してある金額なのですが、二つ一緒に買って合計すると、消費税が1円いつも多くなるのです。

ひとつの商品の消費税は切り捨てしてあるので、合計した金額に消費税をかけると多くなるんですね。

1円余分に持っていないと買えません。

「じゃあ、一つずつ買ったら?」と笑って夫との会話が終わります。

 

落ちている1円も集まれば大金になってくるし、コンビニの1円も度々行けば大きいですね。

 

昨日の夕食節約メニュー

みそ汁、鶏とキャベツのオイマヨ炒め、サラダ、ナスのたまごとじ、残り物