だんだん男らしくなる私

ひとりごと
スポンサーリンク

こんにちは!

 

去年の秋のこと、仕事場の店先のテントが古くなって破れてきたので、2か所あるうちの1か所だけやり替えをしたんです。

ちゃんと業者に頼んで取り換えて貰ったので、どうもあまりしっくりこないなーとは思いながらも、専門に任せたのだからそういうものだと思って使ってました。

すると昨日のこと、夫が「このテント、表と裏が反対についているのではないか?」と言い出しました。

そう言われてみると、確かに隣にある古いテントと比べると、反対に見えます。

「しかし、本職がしたのに間違うかな?」と思いつつも、高い代金を支払って交換したので、もうそのことが気になって気になって。

夫に「一度見に来ていただけませんか?」と電話をするように言ったのですが、夫は嫌がります。

「もう半年も経っているんだし、¥@#&%*?~…」

挙句の果てには私に電話をするように言い出しました。

「私が電話をすると喧嘩になるよ~」と言っても「いい」と言うのです。

 

私には1歳違いの兄がいて同じように育ったので、結構男っぽい性格です。

一方夫は4歳上の兄と2歳上の姉のいる次男だからか、優しい反面優柔不断なところがあります。

私の暴走を夫がなだめるという感じでしょうか。

 

もう、私が電話をするしかありません。

大丈夫です。落ち着いて「一度見に来ていただけませんか?」とお願いしておきました。

 

明日見に来て貰うことになったので、たとえ「これで合ってます」と言われても、納得がいきます。

 

それにしても、うやむやに出来ないこの性格、ちょっとどうにかしたいです。

スポンサーリンク

昨日カーテンが届きました。

破れていたのはレースだけでしたが、気分転換に全部替えました。

今回はベージュ。

落ち着いた雰囲気と真っ白なレースでなんだか新鮮です。

 

昨日の夕食

みそ汁、麻婆茄子、そら豆、冷ややっこ、煮物