ラインの返事を待ちわびる

ひとりごと
スポンサーリンク

我が町もコロナ感染者のクラスターが発生したり、感染経路が不明の感染者が日に日に増えています。

もうすぐお正月がくるというのにどうしたものかとずっと考えていました。

 

例年ならば1月2日に夫の実家にお年始に行って、甥の子ども達にお年玉を渡していました。

しかし、私達の仕事柄大勢の人達と接するし、マスクをして来ない人も結構います。

もし、万が一感染していれば大変なことになります。

なので先日お歳暮を義姉が持って来てくれた時に夫が「今回はお正月に行くのは止めておくから。」と伝えました。

スポンサーリンク

我が家の娘と息子もどうするか考えなければなりません。

娘の方はいつも孫を預かっているので、今更という感じもありますが、息子一家とはここ数か月会っていません。

毎年娘一家と息子一家が我が家に来る日を調整して、みんなで会えるようにしていたのですが、さすがに今年は嫌だろうなと思いました。

なので、みんなで食事は今回は取りやめにするけれど、いつでも都合の良い日にお年玉を取りに来るよう、昨夜息子にラインを入れました。

いつもなら肌身離さずスマホを持っているのですぐ返事がくるのですが、昨日はいつまで経っても既読にさえなりません。

あれ?お風呂かな?

もう寝たのかな?

それにしても早すぎるし。

風邪ひいた?

まさか、コロナ?

え?もしかして、また嫁さんと喧嘩して電話の電源切ってる?

 

と、次から次へと悪いことばかり想像してしまいます。

とうとう今朝になっても既読にならず。

やっと午後の休憩時間ころに「へい」と返事がありました。

 

結局何だったのかはわかりませんが、あまり気分がノリノリの状況ではなさそうです。

 

なんだかいつも息子に連絡を取ると心配が増えていけません。

私は知らん顔をしておくのが一番なのでこのまま放っておきますが、いつまでたっても子離れ出来てないのでしょうか。

モヤモヤしてます。