私の食べ残しは絶対に食べない夫

ひとりごと
DSC_0530
スポンサーリンク

今日は夫の68歳の誕生日。

お酒を飲まない夫は甘い物が大好きなので、仕事の帰りにケーキと菓子パンを買って帰りました。

私はケーキが苦手なので、我が家でケーキを買うことは滅多にありません。

久々に買いに行くと、値段を見てビックリしました。

どれも500円から600円の値段が付いているではありませんか。こんな田舎でもケーキは高かった。

スポンサーリンク

半月ほど前から「お昼ご飯を抜く」と言って頑張っている夫。

私はこれ幸いと、夫が食べられない物を作ってはちょこちょこ食べることもあります。

ピザトースト作ったり、昨日はこんな物も初めて食べてみました。

量はたくさん食べませんが、やはりちょこちょこ食べるので今のところ体重は1キロ減というところです。

 

夫は意志が強いので、本当にお昼ご飯は滅多に口にしません。

おやつは食べているようですが、体重は2キロ減ったようです。

で、今日買ったケーキをいつ食べるのか訊くと「これから食べようか」と言うので、お昼ご飯の代わり?に食べました。

夫はケーキが大好きなので何個でも食べられるようですが、付き合いで買った私は半分食べたところで胸がムカムカしてきました。

なので、「もう食べられなくなったからコレ食べてくれない?」と言うと

「汚いから嫌だ!」と言われてしまいました。

汚いって…ちゃんとフォークで食べているんだし、夫婦じゃないの~!?

 

そういえば昔から夫は私の食べかけの物を食べるのを嫌っているのを思い出しました。

なんかとっても嫌~な気分のまま残りのケーキを頑張ってたべましたが、もう二度と私は自分のケーキは買わないゾと思いました。

そして、これからは夕食の時でも絶対に大皿で出さず、一人ひとりのお皿に取り分けて出してやる!と心に誓ったのでした。