正月休み最後の一日

日常
スポンサーリンク

なまけ癖がついて今日はちょっと仕事に行きたくない病だったrareshi です、こんにちは!

 

休みの間、目覚まし時計無しで起きる生活はとても気持ち良かったです。

しかし、今朝は緊張してたんでしょうか?サッと飛び起きました。けど、寒かったです。

これから4月頃までは寒くて修行の毎日ですね~

 

さて、お正月休み最後の昨日は友達と会ったり、私の実家に行ったりしてバタバタしました。でも楽しい一日を過ごすことができました。

 

そういえば、この友達とは毎年新年最初にランチに行ってます。しかし、今年は食べすぎなので、ランチではなくてモーニングにしようということになりました。

私は朝6時前には起きていたので、約束の9時まで待てずにこっそり朝食を食べました。

その上、サラダいっぱいの「サラダモーニング」を食べたものですから、さすがに昼食は食べられず抜きました。

7月の誕生日会以来に会ったので、お互いの近況報告をしていると、長い間入院されていたお義母様が年末に亡くなっていたことを知りました。

友達のご主人は10年前に亡くなられているので、嫁としての葬儀の段取りやら法事のことやらで頭がいっぱいのようで、何にも知らない私から見ると、いろんな経験をしていて尊敬してしまいました。

喫茶店を出た後、仏壇屋さんへ行かないといけないとのことだったので、私も社会勉強と思い、お付き合いしました。

人が亡くなるということは大変なことですね。

 

お互いお昼からは予定があったので、食料品の買い出しを一緒にしてさよならしました。

 

午後からは今度は私の実家に行きました。

実家には87歳の母親と、兄夫婦がいました。

母は認知症ではありませんが、歳相応に物忘れが多く兄嫁に随分迷惑をかけていて、兄嫁は時々爆発するようで、私に「もうお金なんかいらないから代わって。」と言います。

30数年間積もり積もったものがあるのでしょう。いつもそう言うのですが、ずっと面倒をみてくれています。私が仕事で抜けられないのを知っているが故に我慢して貰っています。

昨日、兄が私に「たまには家に泊まりにきてくれたら、兄嫁も遠く離れている息子のところにいくことができる。」と言いました。

私はもちろん「いいよ。」と答えました。

ずっと母親を見て貰ってるので、そのくらいのこと当たり前ですよね。

本当によく世話をして貰って、ありがたいです。

兄とも久しぶりに話をしました。みんなそれぞれ家庭の悩みがあるようです。

 

最後の一日はこうやって過ぎましたが、久々に話ができてなんだかスッキリしました。

 

昨日の夕食節約メニュー

みそ汁、チキンカツ、ポテトサラダ、紅白なます、ブリの刺身、ゆり根の卵とじ