無神経な言葉を注意しておいた

ひとりごと
スポンサーリンク

ブドウの美味しい季節ですよね~

私の友達はシャインマスカットが大好きで、どんなに高くても大人買いをして娘や友達に送っています。

なのでお手頃価格のシャインが入荷すると、いつもラインで「取り置きしておいて!」と言ってきます。

貴重なお客様です。

 

シャインマスカットが大好きな人は多いのですが、どうしても安芸クイーンが欲しい人もいます。

70代くらいの男性なのですが、いつも「安芸クイーン入荷してる?」と来てくださるのですが、この方タイミングがいつも悪く「あ~、さっきまであったのに売り切れです。」ということが度々あります。

うちの店もスーパーのようにいつも切らさず入荷しているわけではありません。

地物のお手頃価格の品物がある時には入荷しますが、入荷してない時もよくあるのです。

なので本当にタイミングが良ければ買えますが、「あー、今日も無しかぁ。」という日も多いです。

スポンサーリンク

昨日、久しぶりにこの方が自転車にまたがったまま「安芸クイーンある?」と来られました。

「あっ、ここに…」あるよと言おうと思ったら、最後の一房をほんの一足先に来られたお客様が買い物かごに入れていました。

「最後の一つ、私が貰ったわ。」とそのお客様(70代くらいの女性)が言いました。

「あらー、惜しかったねぇ。」と言ったのですが、どうしても諦めきれなかったこの男性は「おばあさん、おばあさん。それをワシに譲ってくれんかね?」と必死に言っていました。

その言葉に気づかなかったお客様は知らん顔をして、自分で買って帰って行ったのですが、この男性はどうしても悔しくて諦められなかったようで、今度は私達にグチを言い始めました。

「早い者勝ちだと言っても、ワシはこの時間にしか来れないと言ってある。」とか「昨日来てみたけどシャッターは下りていて休みだった。」とか。

「いつ入荷するかわからないし、いつ買い物に来てくれるのかわからない人に取り置きすることは出来ないよ。」とか「昨日は台風の中12時まではちゃんと店を開けていましたよ。」と言うと、口から出まかせを言ったことがバレたと言わんばかりに「あ…そう。」と言いました。

 

「おばあさんが譲ってくれなかったからシャインマスカットにするわ。」と言ったので、

「人に頼む時に「おばあさん」なんて呼んで誰が譲ってくれる?たとえどんなにおばあさんでも「おねえさん」と呼ばないと!!誰も返事してくれないわ!!」とビシっと言っておきました。

この「おばあさん」と呼ばれた人はとても「おばあさん」には見えません。

「おばさん」くらいならわかるけど。(笑)

でももし「おばさん」と呼んでいても「おねえさん」と呼びなさいと注意しそうですが。

スポンサーリンク

この男性、頭も良くて海外出張も長い間経験しているエリートだったようですが、女心はわかってないですよね。

私が「おねえさん」と呼びなさいと教えてあげると、「あー、そうか~!おねえさんと呼ばないといけなかったのか。」と素直に納得していました。

ったく、こんなことではモテないよ~と思いました。

 

シャインマスカットの代金を「嫌がらせをして帰る。」と言いながら小銭で払いましたが、うちの店は小銭大歓迎ですからちっとも嫌がらせでもありません。

ひと通り喋るだけ喋ったらスッキリしたようで、「家では誰とも喋ることがないから、よく喋ったわー。」と言ってルンルンで帰っていきました。

なんだ??

本気なのか冗談なのかさっぱりわからない人でした。

応援よろしくお願いします♪
ひとりごと
スポンサーリンク
rareshiをフォローする
節約ばぁばの小さな暮らし