ケチがエスカレートし、きょうだいの香典も渋る母

ひとりごと
DSC_0722
スポンサーリンク

毎日暑いですね。

今までならもう子ども達は夏休みに入っている筈ですが、私達の地方の子ども達はまだ学校に行っています。

エアコンが普及したのと、コロナも関係あるのかな?

夏休みは8月からなんですって。

今日も仕事から帰る途中に見かけた小学生。

ランドセルに黄色いカバーをしていたから1年生だと思います。

ちっちゃい男の子が二人、手をつないで学校から帰っていました。

可愛くていいなぁ~と思わず顔がほころびました。

スポンサーリンク

昨日のこと。

実家の兄から電話がかかってきました。

「今、おじさんのお葬式から帰って来たところなんだが、母には参ったわ。」と。

おじさんというのは母の兄で、年齢は100歳前後だと思います。

骨折で入院していたのですが、朝の6時頃にはベッドに座ってラジオを聴いていたのに7時に朝食を持って行くともう亡くなっていたとのことです。

持病もあったし年齢も年齢なので苦しまなかったのがせめてもの救いだと、周りも納得しているようです。

こういうご時世なので、お葬式は家族葬でするとのことで母も兄も行こうか行くまいかと悩んでいたようですが、親戚に合わせて兄がひとり出席することになりました。

前日に兄が母に「香典を用意してくれ」と言うと、急に渋りだし「もう行かなくてもいい」とまで言ったようです。

自分の兄の香典を出すのが惜しいから??

兄も驚いて「親戚の手前、みんなに合わせて家の代表として遠く離れた所まで高速道路を走っていくのに、香典くらい出してくれてもいいんじゃないか?もういいわ!自分で出すわ!」と言ったそうです。

すると、しぶしぶ出したようですが。

 

しかし、自分のきょうだいの香典を惜しんでどうするんでしょう?

年々ケチに拍車がかかっていますが、とうとうここまで来たか…という感じです。

通帳にはたくさんお金が入っているのに、まだまだ貯めるつもりのようです。

貯めてどうするつもりでしょうか。

いつもの口癖は「葬式代くらいは残しておかないと」ですが、もう充分だと思います。

まして、父親の方の親戚とは母は付き合いをしていないし、自分のきょうだいでは自分が一番年下です。

普通に考えたら誰も来る人はいません。

どうしてこうなっちゃったんでしょうね~

 

応援よろしくお願いします♪
ひとりごと
スポンサーリンク
rareshiをフォローする
節約ばぁばの小さな暮らし