待つのも待たされるのも嫌い

ひとりごと
スポンサーリンク

今日、お馴染みのお客様が買い物に来るなり「私ってすごくイライラしてるように見える?」と訊いてきます。

「この間から立て続けに、レジで並んでいる人が私にお先にどうぞと言って順番を譲ってくれるばかりするのよ。」

と、また先程もドラッグストアーで順番を譲られたらしく、私に訊いてきました。

 

「お年寄りになると一つの動作に時間がかかって、後ろに人が並んでいると思うと焦るから、順番を譲ってくれたんじゃない?」と答えました。

 

実際うちの店でも、誰も急かしてないしゆっくりお金を出してくれればいいのに、やたらと人の目を気にして焦る人がいます。

「いいよ、焦らないで。」

と声掛けするのですが、迷惑をかけていると思うんでしょうね。

反対に後ろに人が並んでいてもいつまでも話が止まらない人もいますが(笑)

 

たくさんのお客様を見ていると、みんなレジの順番待ちは嫌いですよね。

うちの店も私が一人で接客するので、少し混雑した時はみなさん、順番に並んでくれます。

それでも順番を待てない人もいます。

何人か並んでいると待てないようで、夫にお金を渡して帰るのです。

みんな忙しいので仕方ないのですが、自分の買い物はじっくりゆっくりするけれど、レジでは待ちたくないというところですね。

私もそうです。

スーパーでレジに並ぶ時どこが早そうかな?とお客さんの買い物かごと並んでいる人数を見て選ぶのですが、自分の感が悪かった時は悔しいですもんね~

スポンサーリンク

今は友達と出かけることもなくなりましたが、そういえば昔から待ち合わせした時は待つのも待たされるのも嫌いでした。

待たせるくらいなら自分が先に行って待っている方がまし。

なのでいつも約束の時間より10分は早く行って待つタイプです。

 

先程のレジの順番を譲る人って、私のような「人を待たせるのが嫌い」という考えからきてるのかもしれませんね。

私は順番は譲りませんけど~。