本人はなかなか気づかない口癖の話

日常
スポンサーリンク

こんにちは!

人と話をしていると、「あぁ、これってこの人の口癖だなー。」と思うことがあります。

うちの店に買い物に来てくださるお客様にも、一人とても気になる人がいるんです。

いえ、別に構わないのですよ。

口癖があろうがなかろうが。

ただ、この方は「ごめんなさい」が口癖のようで、買い物に来て帰るまでの間に何度「ごめんなさい。」を言うのかなと気になって気になって。

「ごめんなさい、これください。」「ごめんなさい、じゃ1000円で。」「ごめんなさい、じゃいただいて帰ります。」「ごめんなさい、ありがとう。ごめんなさい。」てな感じ。

 

そういう私も、娘に指摘されたことがあります。

娘が何かをしてくれた時に「すみませんねぇ。」と言うと、「すみませんじゃなくてありがとうでしょ!」

あぁ~、そうだ。私はいつも「ありがとう」の代わりに「すみません」を使っていたんだ。

「すみません」が口癖になっていたんだな、と。

これは気をつけないといけない言葉ですね。

感謝する時は「ありがとう」です。

 

しかし、気にして人の言葉を聞いていると、結構口癖ってありますね。

私が一番気になるのが、野球選手のインタビューです。

質問されるたびに第一声が「そうですね。」

毎回「そうですね。」

なので、答える前に先に言ってやる。「そうですね。」(笑)

 

なくて七癖、あって四十八癖

 

なんてことわざがあるくらいですもの。

癖があって当たり前ですよね~

 

昨日の夕食節約メニュー

みそ汁、タラのホイル蒸し、厚揚げと大根の煮物、残り物