くら寿司でGo To Eatを使ってみる その1

節約
スポンサーリンク

世間で盛り上がってるGo To 〇〇なんて、若者対象で私達には全く関係ないよね~なんて、少々ひがんでおりました。

スマホの扱いも苦手だし、私の嫌いなポイント加算なんて全く興味ないし。

と、先週まで思っていたのですが、私の実家の兄嫁が毎日のように電話してきて、「絶対お得だから使ってみたら?」としきりに勧めてくるので、「じゃあ、ちょっと調べてみるね。」と言っておりました。

 

我が家は昼食は2時頃になるので、外食して帰ることが多いです。

好き嫌いの多い夫はお寿司が大好きだし、2時に昼食をたくさん食べると夕食が食べられなくなるので、自分で量を調整できるお寿司屋さんには週に3日は行っています。

はま寿司、くら寿司、スシローを利用することが殆どなのですが、この中でGo To Eatの対象になっているのはくら寿司です。

調べてみると、くら寿司でお昼にGo To Eat を利用して食事すると一人500円、二人なら1000円もポイントが貰えて、次回の食事の代金として利用できます。

夫と私がお昼に食べるお寿司の代金はいつも1200円前後です。

最初は普通通り支払いますが、次回からは200円程で二人の食事ができる!?

兄嫁の勧める通り、我が家にはピッタリのキャンペーンではありませんか!

スポンサーリンク

ということで、早速使ってみることにしました。

くら寿司でGo To Eatを利用するにはEPARKの会員になって、そこから予約をして席を取ります。

我が家が利用するのは平日の2時以降なので、仕事が終わって帰る直前に予約をすれば間に合いそうですが、昨日のうちに会員の手続きだけは済ませておきました。

しかし、やはりスマホ関係は苦手なんですよねー

早速今日仕事が終わって予約を入れようとすると、何度やってもEPARKにログインできません。

「電話番号かメールアドレスを入力」と「パスワード」だけなのに、「違います」と何度も出ます。

後で判明したのですが、まだ初めての利用でこの時点では電話番号は登録していなかったようで、メールアドレスでやっとログインできました。

汗をかきながらやっと予約が取れて、くら寿司に予約した2時に行って受付機に前もって送られてきていた受付番号を入力するだけで、すぐ席が取れました。

後は普通に食事するだけですが、レシートは必ず貰わなければいけません。

家に帰って、EPARKの「ポイントをためる」というところでレシートをカメラで写して送信します。

すると…

 

ナ、ナント2時間程でもう1000ポイント入ってました!!

早い!

こちらのEPARKは特に早いらしいです。

やった!

これで明日はまたくら寿司に決定ですね。

今度はこのポイントを使う方法にチャレンジします。