マスクで眼鏡が曇る時はジャガイモやヨモギが良いらしい

日常
スポンサーリンク

先日年金おじさんが仕事場へやって来た時、私の眼鏡がマスクから漏れる息で曇っているのを見て、笑いながら「そういえば病院の先生が、野菜のゆで汁でレンズを洗えば曇らないと言っていたよ。やってみたら?」と言いました。

その日の夕方、ほうれん草を茹でた時に「そういえば…」と思い出し、素直(?)な私はすぐやってみました。

ゆで汁が薄かったのかよくわかりませんが、全く効果は無いように思えました。

そこで、他に何か良い方法は無いものだろうかと調べたところ「ジャガイモ」が効くのではないかという情報を手に入れました。

ジャガイモもすぐ実験できます。

ピーラーでジャガイモの皮をむき、そのジャガイモをレンズにこすり付けて乾かします。

ジャガイモのでんぷんで膜を作るようです。

そして乾いた後、濡らしたタオルで拭きとります。

こちらもやってみました。

眼鏡は息で一瞬曇るのですが、すぐ乾くような気がしました。

ただ、このジャガイモの方法は浴室の曇る鏡によく効くようですよ。

我が家は風呂場に鏡は無いのでわかりませんが。

スポンサーリンク

そんなこんなで数日後、また年金おじさんがやってきました。

「この前のゆで汁で眼鏡やってみた?」と聞くので、「やったけど、ぜーんぜん。」と答えました。

すると、「実は良い方法を思い出したんだ。ヨモギだった。若い頃、素潜りする時に道端に生えているヨモギをとってくちゃくちゃにしてゴーグルにこすり付けたら、曇らなかった。」といいました。

「ほんまかいな?」と言いながら、またやってみる私。

ヨモギを近所で採ってきて

これで合ってるのかな?

葉っぱをくちゃくちゃとしてその汁を眼鏡にこすり付けました。

で、ティッシュで拭きとってマスクをしてみると、こちらも一瞬は曇るのですが、すぐ曇りが取れます。

もしかしたら効くのかもしれません。

 

眼鏡が曇るのは眼鏡に油分が付いているからだそうなので、中性洗剤で洗うのも良いそうです。

マスクは今後も手放せそうにないので、快適に過ごす方法を見つけなければなりませんね。

もう少し、あれこれ実験してみますね。