だんだん減っていく友達…今の友達はお客様

日常
スポンサーリンク

子供からお年寄りまで、幅広くお友達のいる?rareshi です、こんにちは!

 

いえ、勝手に思っているだけなんですけどね。

買い物に来てくださるお客さまと顔見知りになると、いろんな話をするようになります。

なので、勝手にお友達のような感覚になるんです。

 

学生時代やお勤めしていたころの友達とはだんだん疎遠になってきました。

日曜日しか休みが無いので出かけるのも億劫だし、夜集まる元気も気力もありません。

これを歳とったと言うんでしょうね。

 

40代、50代はとても忙しかったけど、遊ぶ元気はあったしみんなとランチや旅行も楽しかったです。

でも今は家でゆっくりしたい気持ちの方が強くて、ほとんど出かけなくなりました。

 

今年友達と出かけたのは、7月生まれの3人で誕生日会をした時と友達からランチのお誘いを受けた時だけですね。

 

それでも全く寂しさが無いのです。

それはきっと仕事をしているから。

仕事場でみんなと話ができるからだと思います。

 

今は亡き義母も、80歳過ぎまで一緒に仕事をしていましたが、お客さんに会えるから仕事をずっと続けたいんだと言い続けていました。

お客さんからも、「おばちゃん(義母)の顔を見ると元気がもらえるわ~」とよく言われていました。

私も同じ道を歩んでいるなーと、つくづく感じます。

 

時代の流れでいつまでこの仕事ができるかわかりませんが、もうしばらくは続けていきたいものです。

ただね、うちのお店のお客様、ご高齢者が多くていつの間にか顔を見なくなるんです。

先日も一人の方から「仕事をやめて田舎へ帰るから、今までありがとね」と挨拶していただきました。

ちゃんとお話ししてくださる方は安心できますが、一人暮らしの高齢者の方を急に見なくなると気になって仕方ないです。

余計なお世話でしょうけど。

 

昨日の夕食節約メニュー

水炊き(残り)、切り干し大根の煮物、赤芽里芋の煮物、ゆず大根

 

鍋をしてもシニア夫婦には1日では食べきれません。

前日にゆず湯用に持って帰ったゆずでゆず大根つくりました。おいしいですね。

あっ、お風呂で使ったゆずではないですよ。