しじみを貰ったら昔のことを思い出した

ひとりごと
DSC_0711
スポンサーリンク

今日は近所のお年寄りからしじみを頂きました。

この方、娘さんやお孫さんと一緒に住んでいるのですが食べる物が全く違うそうで、おかずの用意をしておいても食べてくれず、若い人達はコンビニでお弁当を買って来るんだそうです。

なので自分が食べたい物を魚屋さんで買っても一人で食べるには多すぎるので、よく人に半分食べて貰っているようです。

我が家にもよく持ってきてくださるので申し訳けないと思いながらも、断るわけにもいかずいつもありがたく頂いています(笑)

 

今日はしじみを頂きました。

しじみって何十年も買ったことがありません。

久し振りにしじみを見ていると、子どもの頃を思い出してしまいました。

 

子供の頃住んでいたところはちょうど海と川が交ざりあう地域だったので、いつもしじみやあさり、蛤を掘りに行っていました。

いつもバケツいっぱいに掘って、朝のお汁は山盛りの貝汁でそれだけでお腹いっぱいになっていたものです。

もちろん無料だったので毎週のように掘りに行き、かなり家計の足しにもなってたんじゃないかなぁ。

はまぐりなんて、足の指先で海の中を探ればツルっとした感触で「あった~」と見つけるのが得意でした。

しかし、時代と共に河口堰が作られてしまい、水がせき止められ川がどんどん汚れていきました。

今は汚い川で有名になってしまいました。

もうあさりもしじみも居ないでしょう。

小学校の頃この川で泳いだりしていたのが懐かしいです。

 

子供の頃から貝が大好きだったのですが、買って食べるなんてちょっと考えられませんでした。

しかし、今は高級品。

それでもあさりはときどき食べる機会もありますが、何故だかあまり美味しくありません。

やはり活きの違いかな?

昔の味が忘れられません。

 

今日いただいたしじみは、本当に食べるのは何十年ぶりだと思います。

家に帰って早速お水に浸けて砂抜きをしていたのですが、スマホで検索してみると、しじみも3%の塩水で砂抜きをすると書いてありました。

私は今までずっと、あさりは塩水、しじみは真水と思っていたので慌てて塩水に浸けています。

ひさしぶりのしじみ美味しいかな?