味の好みは人それぞれ

ひとりごと
スポンサーリンク

こんにちは!

 

昨日義姉が仕事場にコリンキーを「店頭に並べてみて!」と持ってきました。

私は先日コリンキーを一つ貰って試食済みですが、珍しいものなのでもし人気が出そうならば来年は本気で作ろうと思っているらしいです。

一緒に試食用のコリンキーを持ってきたので、興味を示したお客様に勧めてあげると、「うん、美味しい!。」と言ってすぐ買ってくれる人と、「うわぁ、酸っぱい!」と顔をしかめる人とさまざまでした。

多分義姉は簡単酢に浸けたものを持って来たのだと思うのですが、私も試食してみるととっても酸っぱかったです。

義姉の家ではこんなに酸っぱい味付けだったかな?とちょっと驚きました。

夫の実家は義姉が料理上手なので、結婚以来ずっと料理をしていました。

なので私は義母の手料理は一度も食べたことはありません。

結婚したての私からみると義姉の作る料理は「甘め」の味付けだったのですが、とても煮物とか上手でいつもご馳走になってました。

結婚したての時にカレーを作ってくれたのですが、甘口のカレーに砂糖入りだったのでこればかりは驚きましたが。

一緒に仕事をしなくなってからというもの、手料理も食べる機会も無くなって、久しぶりにこのコリンキーの件になったのですが、すっかり味付けが変わっているようです。

きっと息子夫婦と同居して、今度はお嫁さんの味付けに合わせているんだなと思いました。

スポンサーリンク

味付けって本当にいろいろありますよね。

ネットでもいろいろ調べて参考にさせて貰っています。

私が好きなのは「栄養士のれしぴ」とか「白ごはん」かな。

でももう今はできるだけ簡単な物で済ませたいという気持ちの方が勝っているので、なかなか新しい料理に挑戦することはなくなりました。

周りには「素材を楽しむ」ことに趣きを置いているので、あまりごちゃごちゃするものは作らないのよ!と言っておきます。(笑)

 

年齢とともに味付けも濃くなっていくそうです。

市販のお惣菜も食べる時は美味しいと思っても、後で喉が渇きます。

薄味で素材を楽しむ料理を心掛けたいです。