頂き物のお礼を3度も言わされて…

ひとりごと
DSC_0479
スポンサーリンク

人間ってホント色んなタイプがいて、面白くもありやっかいでもあります。

昨日は頂き物をした人になんとかお返しができたことを書きました。

 

今日は、先日「黒豆」を頂いていたお客様が買い物に来られました。

こちらのお客様は80歳のお金持ちの奥様なのですが、夏頃に夫と私にマスクもくださったことがあります。

この時はすぐにちゃんとお返しを済ませました。

しかし、今回の黒豆のお返しの品物はまだ渡していませんでした。

だからかどうかわかりませんが、買い物に来るたびに「黒豆美味しかったでしょ?私は料理がとっても上手なの。」という話ばかりされます。

私はその度に「うん、とっても良く煮えていて美味しかったよ。煮るのが上手ねぇ。」と同じ返答をします。

先日もこの奥様、「品物を取り置きして欲しい」という電話をかけて来られたのですが、この電話に出たのが夫でした。

耳を澄まして聞いていると、また黒豆の話をしていたようです。

夫は「甘くて美味しかった」と答えていました。

 

そんなこんなで、また今日の黒豆の話はさすがに「え~?また?」と思ってしまいました。

これで3度目。

もうさすがに「私は料理が上手なの。」の話も聞き飽きたので(笑)お返しの品を渡しておきました。

「まぁ!気にしなくていいのよ。ありがとね。」と言って帰って行きました。

スポンサーリンク

夫も少々あきれ顔で「そんなに何度も何度も礼を言わなければならないのなら貰わない方がいいわ。」と言っていました。

悪いけど、私も同感。

もし、次に何か持って来られてももう絶対に受け取らないつもり。

 

しかし、難しいですね~

いろんなタイプの人間が居るので。

やはりお付き合いは苦手です。