も~、恥ずかしいったらありゃしない

ひとりごと
DSC_0356
スポンサーリンク

今朝、朝食の洗い物も終わって、使ったIHクッキングヒーターの上を台ふきんを拭いていると、ガラスの上に小さな傷を見つけました。

「昨日までは付いていなかったので、汚れかな?」と思い、ゴシゴシ拭いてもビクともしません。

メラミンスポンジでもダメです。

今までこんな汚れは経験なかったので、「これはガラスにキズが付いたに違いない!」と思いました。

取り扱い説明書を出して来て読んでみると、「傷ができた場合は小さな傷のうちにすぐ販売店にご連絡ください。」と書いてあるので、今日仕事終わりに寄って帰りました。

携帯で写真を撮って行っていたので担当者にみて貰うと「盛り上がっているのなら、汚れかもしれませんね。でも担当の者に家まで見に行かせます。」ということで、土曜日の午後に来て貰うことにして帰りました。

しかし、「傷が盛り上がっているのなら…」の言葉を聞いた辺りから、「ムム…もしかして、汚れかも。」と嫌な予感はしました。

冷静になってみると、何かがへばり付いているように思えてきました。

家に帰ってすぐIHクッキングヒーターのところへ行って触ってみました。

朝は掃除して濡れていたけれど時間が経つうちに乾燥したようで、表面は乾いていました。

夫が爪でカリカリしてみると、あらま、簡単にポロっと取れたではありませんか。

スポンサーリンク

「うわー!どうしよう~、家に見に来て貰うことになってるのに~」

 

もう、恥ずかしいったらありゃしない。

でも、お断りの電話をかけるしかありません。

恥を忍んで電話をかけました。

ラッキーなことに、先ほど接客してくれた人ではないけれど事情を把握している人が、「よかったです~」と言ってくれました。

きっと、「人騒がせな年寄りが来たもんだ」くらいに思われたでしょう。

 

あ~あ、私っていつもこうなんです。

思い込みが激しいというか、そそっかしいというか。

今まで何度こんな失敗を重ねてきたか。

でもその時は一生懸命で、他に考えが及ばないのでどうしようもありません。

 

ま、こんな刺激のある毎日を送っているわけです(汗)