娘と息子が同時にやって来た。

ひとりごと
スポンサーリンク

こんにちは!

 

土曜日の夕方は、よく娘が野菜を取りに我が家へやって来ます。

孫の音楽教室の帰りでもあるので、朝ラインで欲しい野菜を私に頼んでおくと、ラクチンで野菜や果物が手に入るというわけです。

私も孫に会いたくて仕方ないので野菜で釣っているのですから、持ちつ持たれつですね。

 

息子家族も結婚当初はよく仕事場に野菜を取りに来ていたのですが、夫婦仲がゴタゴタしてからというもの、しばらく取りに来ていませんでした。

しかし時間と共に夫婦仲も落ち着いたようで、またときどきやって来るようになり、私達もその時には張り切ってあれこれ持たせる訳です。

スポンサーリンク

昨日は珍しく、2軒から野菜果物を頼まれました。

最近野菜の値段が高騰してますからね。

私たちが仕事から帰って家に居る時間となると、やはり夕方になります。

昨日は息子と娘が同時に取りにやって来ました。

孫は息子のことが大好きで、〇〇クンと名前で呼び(私が教えたのですが)高い高いをして貰って大喜びでした。

娘と息子は3歳違い(学年は4つ)ですが、子どもの頃はあまり仲良しという感じではありませんでした。

異性ということもあったのかもしれません。

しかし、お互い結婚して家庭を持つと対等に話ができるようになったのか、いろいろ話をしていました。

こうして親子水入らずで3人、話をするのも久しぶりだなーと思いながら、月日の流れを実感したワケです。

お婿ちゃんやお嫁ちゃんも一緒に来てくれるのももちろんとても嬉しいけれど、肉親はやはり何か違うんでしょうね。

 

これから先いずれは私達もいなくなる時がくるので、たった二人の姉弟、仲良くやっていって欲しいと願います。