大腸内視鏡検査終了~

からだ
DSC_0507
スポンサーリンク

昨夜飲んで寝た下剤がとても効いたようで、朝5時から飲み始める「モビプレップ」の前に夜中から4度もトイレに駆け込んでいました。

しかし、朝5時から1時間かけて200ccを5杯(最初の2杯は15分ずつかけて飲む)、その後水を500ccを30分かけて飲まなくてはなりません。

おそらくこの時点で便が目標の状態になっているでしょうとのことだったので、とりあえずここまではどうにか出来るんじゃないかと軽く考えていました。

最初の1~2杯は余裕で飲めていましたが、10分で200ccを飲みだしたらキツくなってきました。

とうとう最後の200ccになって受け付けなくなってしまいました。

どうしようかなぁと思いましたが、これを飲みながらずっとトイレに駆け込むということを繰り返していたので、もうこの時点で「結構いけるな」と自己判断して、最後の1杯はズルして飲みませんでした。

だってね、トイレに合計20回は行きましたよ。

目標の便の色に近くなっていました。

ウオシュレットがあって助かった~

5時から飲み始めて8時半頃にはやっと落ち着いてきました。

検査は11時からだったので、10時頃までは水分補給をしながら待ちました。

スポンサーリンク

病院へ着くと、同じような検査をする人がたくさんいました。

すでに終わって入院の為に2階へ看護師さんと一緒に上がっていく人や、検査を終えたばかりだけれど入院になったので部屋の準備をしている人。

みなさん、私と同年代の女性です。

「あぁ、私も入院になったらどうしよう。」と思いながら検査着に着替えていました。

点滴をしなければならないのに血管が出ないのでこれまた看護師さん泣かせです。

もう後は看護師さんにお任せして、検査台に寝たらあっという間に終わっていました。

鎮静剤を使用して貰いましたが、目覚めも良く先生の話を聞いて帰ってきました。

スポンサーリンク

 

まず、大腸は綺麗です。

とても小さなポリープはあったのですが、これは何もしなくて良いです。

ただ、「憩室」というものができていて、これは10人に一人くらいの割合であるけれど、歳とともにこれからはもっと増えるでしょう。

 

小さな凹みでそこに便とか溜まったりすると血便が出たりするようなので、私もこれだったのかな?

そういえば、仕事場のご近所さん二人から「腸に風船があってそこが出血した」というのを先日聞いたばかりでした。

「憩室」は「風船」とも呼ばれているらしいので私もそれだ!

しかし、このご近所さんって、二人とも高齢者なのよねぇ。

複雑~

私、もうバリバリの高齢者!?

 

とにかくこれからはこういう高齢者特有の病気の宣告を受ける覚悟が必要のようです。

でも良かった~

大腸がんではなかった。

検査が終わった後の看護師さんが用意してくれたお茶とクッキーの美味しかったこと!

 

迎えに来てくれた夫とお祝いに「お寿司を食べて帰ろう!!」とお腹いっぱい食べました。

 

そうそう、私の検査のことなど忘れていると思っていた娘がお昼にラインで

「検査どうだった?」と訊いてきてくれていました。

やっぱり娘だった。。嬉しい。