猫に学ぶ

ひとりごと
スポンサーリンク

YouTubeをよく観ています。

掃除や片付け、料理の動画も好きですが、最近よく観るのは猫の動画です。

しかも保護猫が多いです。

一度観ると次々と関連の動画が出てきますね。

 

今嵌っているのが「タイピー日記」

魚釣りが好きな若者が佐渡島に家を買い、そこで犬一匹と猫2匹を飼って暮らしています。

猫2匹とも保護猫ですが、1匹目の「りんちゃん」がとても賢く観ていて愛おしいのです。

子猫の時に林道でタイピーさんに見つけて貰い、犬と一緒に大きくなったせいか自分を犬だと思っているようで、犬と同じようにする行動に笑ってしまいます。

でもとても賢く、ナントご飯の時に「待て」ができるのです。

ご飯が目の前にあっても犬と一緒にじっと座って待って、「よし」の言葉で食べ始めます。

いや~、驚きましたね。

私も子どもの頃から犬や猫が大好きで家でも飼っていましたが、犬に教えることが出来ても猫は出来ないと思い込んでいました。

こんな猫は初めてみました。

しかもこのりんちゃん、とても控えめで我慢することを知っています。

自分の餌を早く食べた犬や子猫がりんちゃんのご飯を横取りして食べ始めると、そっと自分は食べるのをやめて譲るのです。

まぁ、なんと欲の無い猫でしょう。

横取りされて一見損ばかりしてそうに見えますが、みんなりんちゃんの優しさに気づくんですね。

思わず応援したくなるようです。

マツコさんのテレビにも取り上げられたことがあるみたいです。

スポンサーリンク

なんでも我先に自分優先でと考えてしまう人間社会ですが、こういう気持ちを持っていたいなと私もりんちゃんに勉強させてもらいました。

 

仕事をしていたらやはりいろんなことがあります。

気の短い私とじっと待てる夫。

理不尽なことも多いので私ならキレて文句を言うような場合でも、夫は大人しく時期が来るときを待ちます。

 

じっと我慢する…か。

そうしたらもう少し人間が丸くなるかな。

私に一番必要なことかもしれません。