ケアハウスに入居している人に話を聞いた

未分類
DSC_0411
スポンサーリンク

昨日仕事から帰ると、私宛てにハガキが届いていました。

「誰かしら?」と見てみると、4歳の孫からでした。

毎月届く雑誌の付録に「おてがみをおくろう」とハガキが入っていたとかで、ママと一緒にシールを貼ったりハートを描いたりして送ってくれたようです。

ここのところずっと沈んでいた心が少し晴れました。

2月になって、孫の保育園のお迎えと晩御飯も昨日からまた我が家の当番になりました。

早速孫に「ありがとね~~♡」と言って抱きしめました。

スポンサーリンク

今日はそろそろ店じまいしようかなという頃に、仕事場の近くにあるケアハウスに入居している男性が買い物に来てくれました。

以前から気安く話をしている人だったので、ケアハウスのことをいろいろ教えて貰いました。

この男性は今78歳ですが、奥様が亡くなった3か月後から入居されたそうです。

で、今8年目。

自分ではご飯の支度が出来ないので、娘がここを探してくれたので入居したとのことです。

ひと月食費込みで11万円くらいで3食付いているし、個室で自由だし、いいよ~~

と、とても毎日を楽しんでいるように見えます。

立地条件もとても良く、ここなら私の仕事場からすぐなんです。

用事があれば私の所へもすぐ来れるし、買い物にも困らないのになぁと勝手に思いました。

母たちの住んでいる場所はかなり急な坂があり、店もないので「買い物に行けない」といつも不平を言っています。

「ここに入ってくれたらな~…」

これは私の勝手な希望ですから、今、口に出すことはできません。

母はすごく怒っていますから。

 

しかし、先のことを考えたら無くもないような気もします。

兄嫁はこの先どうなるかわかりません。

兄嫁の実家のお母さんがうちの母以上に認知もあり、手がかかる状態です。

兄嫁が実家に帰って、その上兄も仕事で家を空けるなら、ご飯の支度もできない買い物にも行けない母はどうなるのでしょう。

だからケアハウスにでも入ってくれたら、みんなまるく収まるのに…と思ってしまうのです。

みんな自分のことが一番なので話はなかなかまとまりません。