若いと思っていたのに…風呂場で青あざ

日常
DSC_0581
スポンサーリンク

大好きなたけのこも、もう何度も今年は食べました。

炊き合わせにしたり、たけのこご飯、てんぷらにもしたけれど、木の芽和えだけは作っていませんでした。

夫が香りのキツイ物は苦手なのであまり好きではないのかと思っていたら、「食べる」と言ったので早速作ってみました。

木の芽にほうれん草を足したので、色あざやかで美味しかったです。

 

さて、昨夜お風呂場でのこと。

お風呂に入る前に夫に白髪染めをして貰いました。

なので一番風呂。

かけ湯をして湯舟に入りました。

で、ここからはと~っても恥ずかしいのですが、とても横着者のワタシ。

実は湯舟に入ったまま頭だけを洗い場に出し、髪の毛を洗うのです(恥)

寒い時期はいつもこのパターン。

スポンサーリンク

2度シャンプーをし、コンディショナーをしている間に洗顔をしようと思い、洗顔石鹸を取ろうとしたのです。

もちろん湯舟に入ったまま。

すると、ふんばっていた足がツルっと滑り…「あ~っっ!」と言いつつ、右腕を水道の蛇口にぶつけてしまいました。

自分でこけそうなことはわかるのに、とっさに動くことができませんでした。

60代と言えどもまだバリバリで仕事をしているし、身体だっていつも動かしているんだからまだまだ大丈夫だと思っていたんですがねぇ。

で、ぶつけた腕を見るとみるみる青くなっていき、内出血したようです。

今日の方が色がすごい。

痛いし。

 

ばかだなぁ。

顔を洗った後どうせ洗い場に出て身体をゴシゴシするんだから、初めから洗い場に出て洗えばこんなことにならないのにね。

 

と、いつも失敗をしては反省を繰り返しています。

もちろんぶつけた腕は痛いけれど、それよりも動きの鈍くなった自分に呆れた方が大きいかも。