年金おじさんの続きと秋の味覚を楽しんだ晩御飯

日常
スポンサーリンク

今朝、早速年金おじさんがさつま芋の報告にやってきました。

「昨日の夜中勉強しながら新聞配達が来るのを待って、熱々のさつま芋を用意していたのに、戸を開けてみたら日本人のおじさんだった。どうやら日曜日でベトナム人留学生は休みだったらしくあげられなかった。」

で、「今日こそあげようと思って頑張って起きていたのに、肝心の配達時間の頃には不覚にも眠ってしまっていて気がついたら新聞は配達された後だった。」

という残念な結果だったようです。

 

しかし、グリルで焼いたさつま芋は外が焦げているのに中が固かったり、炊飯器でふかし芋にしようと思ったら芋が大きすぎて切ってしまったので、切った物をあげる訳にはいかないから渡せなくて丁度良かったということです。

人にプレゼントするのなら、まず上手に料理できるようになってからの方が良さそうですね(笑)

 

でも今日もこの年金おじさんに笑わされました。

だって、自分の年齢を70歳くらいだと言うんですよ。

「え~??違うでしょ。」と言うと、「68位かな?」と言うので

「今年67歳になるんでしょう!?」と言うと「えー?じゃぁまだ66歳かぁ。」ですって。

うちの夫と同い年だと言っていたので間違いありません。

 

自分の歳も忘れるくらいなので、自分の子どもの誕生日も忘れても仕方ないですね。

以前話をした時に、「自分の子どもの誕生日も覚えて無いの?」と私に言われたことを覚えているらしく、今日もその話になりました。

今日ももちろん私は「いくら離れて暮らしているとはいえ、子どもの誕生日は忘れられないでしょう!?」と言うと、「女性は出産後にお祝いのお返しをしたりするから覚えているんでしょ?」なんてことを言い出しました。

私も周りに居たお客様もみんな呆れて吹き出してしまいました。

発想が凄いですね。

スポンサーリンク

さて、私はと言うと、昨日は溜まった家事をして一日が終わりました。

床を毎日掃除してもスリッパの裏が真っ黒になるので、昨日は洗剤をつけて雑巾がけをし、ワックスがけもしました。

でもやはりスリッパは汚れます。

せっかく新しい冬用のスリッパを買ったのに下ろすのが惜しくなります。

 

休みなので思い立って、晩御飯は秋の味覚を楽しむメニューにしました。

栗ご飯、けんちん汁、サンマの塩焼き、柿入りほうれん草の白和え、モロッコインゲンの煮物

今年はサンマが高くて、初めて買いました。

とても脂がのって美味しかったのですが、後のグリル掃除が大変でした。

臭いがなかなか取れなくて、換気扇から周りの壁から全部掃除したのですが、朝になっても臭っていました。

サンマは今年これで最後にします。。