神経質になり過ぎていたことを兄嫁に詫びる

ひとりごと
DSC_0753
スポンサーリンク

昨日は母のデイサービスの件で兄嫁と電話でギクシャクしてしまいました。

昨日このブログを書いている時に電話を貰い、なんだかモヤモヤして電話を切ったのでここに感情をぶつけてしまったかも(汗)

私も頭が固いというか、神経質になり過ぎていたんだと反省しました。

娘も昨日は早退して我が家に夕方寄ってくれたので話を聞いて貰うと、私の考えすぎだと指摘されました。

なので兄嫁にすぐ詫びのラインを入れて、「デイサービスの判断に任せて、母を行かせても大丈夫らしい。」と伝えました。

デイサービスの職員の家族の感染ということで職員本人ではないので、今このように感染者が増え続けている状況ではあまり重要視してないんですね。

どこまでを濃厚接触者というかを判断するのかは難しいようです。

スポンサーリンク

私が詫びのラインを入れると、やはり兄嫁も「いつもイライラしてグチってごめんね。」と言ってくれました。

それでも昨日の時点では「デイは休ませる」とは言っていました。

 

結局兄嫁が今朝デイサービスに電話を入れて話を聞くと、「保健所の指導のもと、全く問題なく再開します。」とのことだったし、母が「行きたい」と言ったのでデイに行かせたようです。

このまま何事もないことを願うのみです。

 

兄嫁は私より2歳年下なのですが、何でもよく私に相談してくれます。

少々母に対するグチが多いのですが、一日中世話をしていると当たり前だと思います。

私も人間が出来ていないので、ときどき要らぬことを言ったりしたりでぶつかることもあるのですが、何故だか自分の心の内を素直に喋れるのは兄嫁ひとりです。

友達よりも自分の思いを素直に喋れます。

ときどきギクシャクすることもありますが、お互いにすぐ仲直りも出来るし良い関係なのではないかと思えます。

今後、母の介護状態によってはどうなるかわかりませんが。

これも兄嫁がすべて引き受けて世話をしてくれているおかげなので、感謝しかないです。

応援よろしくお願いします♪
ひとりごと
スポンサーリンク
rareshiをフォローする
節約ばぁばの小さな暮らし