良かれと思ってしたことが時には迷惑になる

日常
スポンサーリンク

今日は暇な水曜日。

先日からずっと気になっていた仕事場のトイレ掃除を頑張りました。

普段は仕事に追われてなかなか掃除もできないので、今日は接客は夫に任せて私はトイレに籠って掃除をしていました。

すると馴染みのお客様が来て

あら?奥さんは?逃げられた?

何で知ってるんよ~!?

なんて話をしていたので、私はそのまま籠ってました(笑)

いつも顔が見えないと「今日は一人?」なんて聞かれるので、そういう時は「逃げられたんです~」と答えておいて!と言ってあるので、今日はよく知っているお客様の方に先を越されました~

スポンサーリンク

私が仕事を手伝い始めて30年になりますが、周りも随分変わってしまいました。

八百屋を始め、魚屋、肉屋、米屋、パン屋などひと通りお店が揃っていましたが、時代の流れと共に随分減ってしまいました。

代わりにコンビニやドラッグストアーが進出してきたので、昔ながらの店は苦戦しているわけです。

しかも経営者が高齢になり、思うように身体も動きません。

そんな事情を知っている昔からの馴染みのお客様は、少しでも売り上げに協力してあげようと思い、わざわざ買い物に行ってあげています。

近所に日用雑貨を売っているお店があるのですが、奥さんが体調を崩し入退院を繰り返しているので介護をしつつ、午前中はご主人が店を開けているようです。

近所にドラッグストアーが来たのでなかなか商売は難しいだろうと、Aさんはわざわざそこに買いに行ってあげるのですが、いつもうちに来てグチを言います。

「欲しい物を頼んでいるのに、いつもご主人は忘れるのよ!今日は5つ頼んだうち3つも忘れているの!認知症になってるのよ、きっと。」

買い物に行くたびにいつも「今日も忘れた」と言われるんだとしきりに愚痴ります。

スポンサーリンク

今日はこのAさんを接客したのは夫だったので、見かねた夫はこの奥さんにはっきりと教えてあげたようです。

「奥さんが買ってあげようと思うなら、店に陳列してある物を買ってあげたらいいんよ。店にない物を注文するから難しいんだと思うよ。何かを仕入れるには一つだけ注文できないんよ。50とか100とか大量に入った物を仕入れてきても奥さんが要るのは1つだけ。でも仕入れたら全部のお金を仕入れ元に払わないといけないし、商品が殆ど残ってしまうし。」

この日用雑貨のお店のご主人はこのような細かいことまでお客様に話せないので、「買うのを忘れた」ことにしていたんだと思います。

それを「認知症」が入っているなんて言うものですから、夫は今日ははっきり教えてあげました。

そして、買ってあげようと思うならお店に並んである物を買ってあげるのが一番良いと思うよ。

 

やはり夫も自分の仕入れのことをあれこれ考えているので出た言葉ですね。

Aさんもいい人なので少しでも買ってあげようと思ったようですが、買い手と売り手の立場の違いでこのことに気づかなかったようです。

「そうだったんだね。気づかなかったわ。」

と言って帰って行かれました。

 

私なら言えないことでも夫が言ってくれて良かったです。

はっきり言われて気分を害したかもしれませんが、日用雑貨のご主人もこの先ずっと注文されるのも気の毒なので良かったんじゃないかな?