4歳児の食べる量に驚く

日常
DSC_0548
スポンサーリンク

昨日の孫の夕食は、早速日曜日に作り置きしていたハンバーグを食べさせることにしました。

野菜のおかずが思いつかないので、適当にサラダを作り、ミニトマトやそら豆でごまかしておきました。

 

最初に何に手を伸ばすかな?と思って見ていると、まさかのそら豆。

このそら豆は塩ゆでしたものなのですが、夫は塩ゆでよりおかず豆として味のついている方が好きだったようでたくさん残っていました。

孫は一心にそら豆を食べ続け、他のおかずは食べようとしません。

仕方なく口の中のそら豆が無くなった頃を見計らって、私がハンバーグを口の中に入れて食べさせていました。

そうこうしているうちに、昨夜は娘が案外早く仕事が終わったようで迎えに寄りました。

孫のご飯は娘にバトンタッチ。

ご飯とみそ汁、ハンバーグやサラダ、オレンジまですべて完食していました。

もちろんそら豆はすべて完食。

食べようと思えば量的にはかなり食べれるんだなと驚きました。

ただ、時間がかかるのです。

ゆっくり食べさせてあげたいけれど、婿さんのお迎えまでには食べ終えていないといけません。

いろいろ悩むなぁ。

スポンサーリンク

しかし、これだけ食べてお腹がいっぱいかと思えばお菓子は別腹のようです。

ご飯を食べ終えてすぐ「お菓子ちょうだい」になります。

ばぁばの家でひとり晩御飯を食べて頑張っているので、楽しみもないと可哀そうと思い、ついつい用意して待っている私です。

 

先週来た時に見つけた「ハッピーターン」

食べかけたらパパが迎えに来たので家に持って帰らせました。

娘が見つけて、「ママもこのお菓子だーい好き。」と言うと

「そうだ!今度ばぁばのおうちに行ったら”バナナみたいな形のお菓子”持って帰ってあげるね!」

と言ったそうです。

残りのお菓子は湿気ると思い私が食べておいたのですが、これを聞いたので慌てて次を買っておきました。ふぅ。

無事、昨日も「バナナみたいなお菓子」を見つけ嬉しそうに食べました。

 

今日はミルフィーユカツとポトフ

だんだん手抜きになっていく~

けど、いいよね。ばぁばだもの。