2021-01

スポンサーリンク
ひとりごと

もう、頭が痛い

今日また兄嫁から電話がありました。昨日ゆくゆくは「施設」という方法もあると母に話したことを、今朝親戚のきょうだいに電話していたそうです。兄嫁からはもう面倒みたくないといわれるし、私は死ぬまで仕事があるし。もう、頭が痛いです。
ひとりごと

実家に行ってきた

仕事から帰って、実家に行きました。兄嫁からの電話の後味が悪く、母と兄嫁の状態を見ないと気になって仕方ないので。いつもと変わらずお互いが居ないところで、双方の不服を聞かされましたが。どうにかこのまま上手くいって欲しいです。
ひとりごと

気が付きすぎるからストレスになる

実家の兄嫁はよく気が付きます。なので母のすること成すことがストレスになっているのだと思います。私は自分が気がつかないので、母が少々おかしなことをしてもスルーできるのです。兄嫁も損な性格ですね。
ひとりごと

長生きは罪とさえ思えてくる

実家の兄嫁から暗い声で電話がありました。「もう家を出たい。お義母さんの面倒をみたくない。」何度も聞かされる言葉ですが、私はただ頷くだけ。果たして長生きが幸せ?周りに迷惑をかける長生きは罪なのかとさえ思えてきます。
日常

今月試した事の結果報告と感想。失敗多々あり。

1月中にいろんなことを試してみました。結露防止シートを貼ってみたり、マスクで曇る眼鏡にあれこれ試したり、しまむらでレギンスを買ってみたり。1月も終わりに近づいたので、その結果報告と感想を書きたいと思います。またまた失敗も多いです。
ひとりごと

無言の圧にやられる

ときどき買い物に来て下さるお客様。とっても気分屋でずっとお喋りする時もあれば、来てから帰るまで一言も喋らない時もあります。今日はまさしく気分が乗らなかったようで、私はその無言の圧にやられてしまい、しばらく暗い気分をひきずってしまいました。
ひとりごと

親戚の遺産を相続するために介護に精を出す生き方

親戚のおじさんと息子の世話を毎日している知人がいます。おじさんも高齢で持病があり介護が必要なのですが、息子も独身で病気もちなので二人の世話が必要です。知人と娘さんは介護する代わりに遺産を相続する約束を貰ったそうです。
日常

結局しまむらに落ち着く

ユニクロのオンラインショップで超極暖のレギンスを買い替えようと思っていたのですが、いつも売り切れでもう手に入りそうにありません。こうなったら頼みの綱のしまむらです。超極暖に匹敵するかどうかわかりませんが値下がりしていたので買ってみました。
ひとりごと

我が子の自慢話はほどほどに…ね

私の実家の母と同い年のお客様。とてもしっかりされていてまだ何でも自分で出来、我が家の母とは大違い。よくいろんな話をして帰られるのですが、ひとつ気になることがあります。娘の自慢話が多いことです。私は自分と比較してしまい耳が痛いです。
日常

恥ずかしながら咄嗟に計算できなかった

お客様がお勘定の時に端数を出してくれるのは良いのですが、今回はちょっと難しかったです。結局端数は「出すのは止めます」と言われたけれど、出した本人もわかってなかったんじゃないかな?難しいのは遠慮願いたいです。暗算なんだから。
スポンサーリンク